生地から洋服を作る

夏用スーツの生地とは?

夏用スーツの生地とは? 日本には四季があるため、季節に合わせてスーツを選択することも大切です。
気温が低い冬場であれば、生地が厚くて熱を逃さない素材が適しています。
一方で夏の場合には、通気性が良い生地のスーツを着用するようにしましょう。
では、夏用スーツにはどのような特徴があるのでしょうか。
夏用スーツは、冬用スーツと比較すると、生地が薄くて軽いことがわかります。
そのため通気性がよくなっていて、汗をかいても蒸れないように工夫がされています。
ほかにも暑さを少しでも感じにくくするために、背中の部分の裏地をなくすというようなポイントもあげられます。
実際に夏用スーツを選ぶときには、生地に使われている素材に注目するのも1つの手です。
夏を過ごしやすくなるスーツに多く使われている素材には、コットンや麻などがあげられます。
ほかにもサマーウールやシアサッカーなどの素材もあるので、実際に購入するときには着心地だけで考えるのではなく、素材にも注目してみましょう。

冬はツイード生地で可愛い小物を作ろう

冬はツイード生地で可愛い小物を作ろう 季節感を取り入れたファッションを心がけている方は多いはずです。
それなら小物も一緒に季節感を感じられるものにしていきましょう。
冬にお勧めなのが、温かみを感じられる生地でできた小物を持つことです。
そうすることでファッションとも合わせやすく、冬という季節をより深く楽しむことができるでしょう。
特に冬の時期にお勧めの生地がツイードです。
ファッションアイテムとして取り入れている方も多いでしょうから、それとコーディネートしやすいというのが大きなポイントとなります。
小物自体をツイード生地で作成してもいいですし、ワンポイントとしてワッペンやポケットという形で小物のデザインに取り入れてみるのもよいでしょう。
自分で作るといっても難しいものを作る必要はありません。
ポーチになるような小さな袋やブックカバーなど、まっすぐ縫うだけでできるものもたくさんあります。
ぜひ、冬を存分に楽しむお供として、手作りの小物を取り入れてみましょう。